使い方とアイロンの特徴|体の内側から髪の毛を育てる為に「髪にいいサプリ」を飲もう
レディ

体の内側から髪の毛を育てる為に「髪にいいサプリ」を飲もう

使い方とアイロンの特徴

ヘアーアイロン

髪が傷まない使い方

ヘアアイロンを使うことは、少なからず髪にダメージになります。しかし、正しい使い方をすることで、髪への負担を減らすことが可能です。基本的なことですが、乾いた髪に使う事が大切です。髪が濡れているところにヘアアイロンをすると、髪の中の水分まで蒸発してしまうのでNGです。また、よくブラッシングをして髪を梳いておくことも大切です。髪が絡まっている状態だと、熱が均一に伝わりにくくなります。そしてヘアアイロンを使う前に、市販のヘアアイロン用のスプレーをかけます。そうすることで熱によるダメージが少なくなります。アイロンは一番高温にして、根元から毛先まで一気にかけるのがポイントです。低温のアイロンをじっくりかけると髪に負担になるので注意が必要です。

製品の特徴

ヘアアイロンといってもストレート用やカール用があります。ストレート用はうねった髪の毛をストンとサラサラにする効果があります。カール用は巻髪がつくれるヘアアイロンです。カールの直径も様々で、カールの大きさによって雰囲気が変わります。製品によって素材、設定できる温度、搭載機能などが違います。ヘアサロンで使用されているヘアアイロンはプロ用です。市販品よりも高性能で、最高温度も200度まで設定できます。髪質に合わせて温度設定ができて、髪がサラサラになります。市販のものは1000円程度のものから1万円以上するものまであります。素材もいろいろあり、チタン製のヘアアイロンは丈夫で軽く使いやすいのが特徴です。